読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピティナ開発者ブログ

全日本ピアノ指導者協会のIT担当者が気まぐれにつづる技術系中心のブログです


ドライバのデジタル署名が検証できません問題

こんにちは、新入社員の平田です。最近は暑いですね。今回はニコニコ生放送Youtube liveなどで使われるMonsterX U3.0R SK-MVXU3Rが 買ったばかりなのにドライバをインストール出来ないという問題を回避したのでご紹介します。

出てくるエラー内容

ドライバのインストール時に、 コントロールパネル→デバイスマネージャー→サウンド、ビデオおよびゲームコントローラ と進んで該当のドライバのプロパティを確認すると、次のようなエラーが出ています。

このデバイスに必要なドライバーのデジタル署名を検証できません。
ハードウェアまたはソフトウェアに最近加えられた変更により、
正しく署名されていないファイルや破損したファイルがインストールされた可能性があります。
また、出所の不明な悪意のあるソフトウェアであることも考えられます。 (コード 52)

ドライバを最新にしても、再インストールしても、PCを再起動してもエラーの内容は変わりません。PC側のドライバの認識が何かおかしいものだと考えられますが、原因は結局良くわからないままでした。

回避方法

デジタル署名が検証できないということなので、そもそも検証するステップを省くようにすればこのエラーは回避できます。回避方法は他のサイトでも紹介されていますが、再起動時にF8を押して「ドライバ署名の強制を無効にする」を選択すれば、windowsを終了させるまでの間その設定が有効になります。(OSによって動作が異なるようです。)

全てのデバイスについて署名の検証をスキップするため、セキュリティ的には問題が残ります。完全な解決では無いという意味で「回避」という言葉を使いました。

(著: 平田 真人)
この記事は現在0人が閲覧中